薬剤師が転職するメリットとデメリットまとめ!本当に転職はするべき?

薬剤師からの転職を考えている方は、本当に転職をするべきかどうか迷っている方もいると思います。

また、転職をする前には、転職をすることでどんな良いことがあるのかきちんと知っておきたいですよね。

今回は薬剤師が転職をするメリットについて職種別にご紹介していきたいと思います。

職種別に転職のメリットを知っておけば、転職を考えた時にどの職種に就こうか決めやすくすることができますよ。

薬剤師へ転職をするとどんなメリットがあるの?

まずは薬剤師に転職をするとどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

薬剤師への転職を迷っている方は参考にしてみてくださいね。

幅広い職種の中から選ぶことができる

薬剤師にはたくさんの種類があり、幅広い職種の中から選ぶことができます。

それは企業であったり、病院であったり、ドラッグストアであったりとさまざまです。

また、職種によって雇用形態や時間帯を自由に決められるのも良い点ですよ。

ガッツリと稼ぎたい方はフルタイムで、家庭と両立をしながら働きたい方はアルバイトやパートと、自分の希望に沿って働くことができます。

地方薬剤師は通常の薬剤師よりも待遇が良い場合がある

地方などは薬剤師が少なく、人手不足の状態となっています。

そのため薬剤師の中でも待遇が良い場合が多いです。

引越しをする時にサポートをしてくれたり、快適な住まいの用意をしてくれることもありますよ。

調剤薬局に転職するメリットとデメリット

では、ここからは職種別に転職をするメリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。

まずは調剤薬局に転職するメリットとデメリットについてご紹介していきますね。

調剤薬局に転職するメリット

調剤薬局に転職するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 近い距離感で患者さんとコミュニケーションを取ることができる
  • 処方箋についての知識を身に付けることができる
  • 希望に合わせて働くことができる
  • 休憩時間をしっかりと確保できる

調剤薬局に転職をすると、医療医薬品など処方箋についての知識を身に付けることができます。

また、患者さんと近い距離感で接することができるので、患者さんとコミュニケーションが取りやすいところも良い点です。

調剤薬局に転職するデメリット

調剤薬局への転職はメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

  • スキルアップが期待できない
  • 処方箋や薬剤師の知識が偏りやすい
  • 人間関係が悪くなると居づらくなってしまうこともある

調剤薬局によって扱っている処方箋に偏りがあるので、総合的な知識を身に付けるのは難しいです。

また、調剤薬局は小さな薬局が多く、人間関係が悪くなると居づらくなってしまう可能性もあります。

派遣薬剤師に転職するメリットとデメリット

続いては派遣薬剤師に転職するメリットとデメリットについてご紹介していきます。

派遣薬剤師に転職するメリット

派遣薬剤師に転職をする場合のメリットは次のとおりです。

  • 給与が高い
  • シフトや条件を自分で選ぶことができる
  • 派遣を通じてたくさんの職場を経験することができる
  • 福利厚生がしっかりしている
  • サービス残業がない

派遣薬剤師で最もおすすめしたい部分は給与が高いところ。

なぜなら派遣薬剤師は、薬剤師不足の職場に引っ張りだこだからです。

また、派遣をしていればたくさんの職場を経験できるので自分に合った職場を見つけやすいというメリットもあります。

派遣の仕事をしていても、その仕事ぶりが認められて正社員に起用してもらえることもあるようですよ。

産休や育休なども取ることができるので、福利厚生もバッチリです。

派遣薬剤師に転職するデメリット

メリットがたくさんある派遣薬剤師ですが、以下のようなデメリットもあるので注意しましょう。

  • 職場によって人間関係の良し悪しが変わる
  • 職場が変わるごとに仕事内容を1から覚え直さなければいけない

派遣は色々な職場を経験できる分、職場が変わる度に仕事を1から覚え直しになってしまうというデメリットがあります。

せっかく仕事を覚えたのにまた新たに違う仕事を覚え直さなければいけないのは大変ですよね。

また、職場が変わると人間関係も変わってきます。

それは元々の職場の雰囲気もあれば、自分と職場の人との相性もあるでしょう。

派遣薬剤師になるなら、これらのデメリットがあることも頭に入れておかなければいけません。

地方薬剤師に転職するメリットとデメリット

最後に地方薬剤師に転職するメリットやデメリットについてお伝えしていきますね。

地方薬剤師に転職するメリット

地方薬剤師に転職をすると、以下のようなメリットがあります。

  • 待遇が良い求人が豊富にある
  • 患者さんとの距離感が近い
  • 地方ならではの趣味を持つことができる

地方薬剤師に転職をすれば、良い待遇で迎えてもらうことができます。

地方では薬剤師が不足しているのも待遇が良い理由なのだと思います。

引越しや住居のサポートをしてくれるのでおすすめですよ。

また、地方には自然が多い場所も多く、趣味を楽しむこともできます。

海があればサーフィンをしたり、雪が降る地域ではスノーボードやスキーをしたりと、地方だからこそできるスポーツもたくさんありますよ。

地方薬剤師に転職するデメリット

一方で地方薬剤師にもデメリットはあります。

それらのデメリットは以下の通りです。

  • 都会と比べて生活が不便
  • 薬剤師としての成長を目指すのが難しい

地方は都会なら当たり前にあるお店がない場合もあるので、都会から地方に移ると生活が不便に感じてしまうこともあると思います。

コンビニやスーパーが近くに無いと買い物もしづらく、お店が遠ければ行き来だけで疲れてしまいそうですよね。

また、地方の小さな薬局では大手の薬局よりも教育が行き届いてないことがあります。

しかし、地方でも大手の薬局であれば十分な教育を受けることができますし、自分次第では成長するチャンスを作ることができますよ。

まとめ

薬剤師へ転職をするメリットは、転職する薬剤師の種類によっても変わってくることが分かりましたね。

それぞれのメリットを知って、どの薬剤師が最も自分に適しているのかを考慮して選んでみてくださいね。

希望する薬剤師の職種を決めて、転職活動をスタートさせていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です